実際の体験談をご紹介

古い家を手放して、引越し先で快適に暮らしています。(女性/40代)

女性/40代

家を売ろうという話は以前からよく夫としていたのですが、
なかなか決心がつかずに答えを先送りにしていたんです。

でも、二人目の子供も小学校に入学する頃だし、この先家族で暮らしていくには少々手狭でした。

そこでようやく、手放そうということになったのですが、私も夫も不動産を売ったことなんてありませんでしたから、何から始めて良いのかも分からず困っていたんです。

できるだけ高く買取ってもらい、通勤通学に便利なマンションに引っ越そうというところまでは決まっていました。

しかし、一体いくらぐらいで売れるのか、不動産業者はどこにすれば良いのかなど、
手探りの状態で始めたものですから、とても苦労したのを覚えています。

調べてみると、良心的な業者ばかりではないことも分かりました。

思っていたよりも安く手放してしまったという話も多く、業者の提示した額がどんなに良くても、
必ずその価格で売れるという保証もないようです。

そうなってくると、複数の不動産会社を視野に入れることになるのですが、それがまた簡単ではありませんでした。

一か所ずつ見積もりを依頼して、返答するとなれば時間もかかりますし、ストレスにもなります。
そんなときに、ネットを使って一括査定ができるイエウールというサイトを知ったんです。

いざ比較してみると、業者ごとの見積額の差が意外と大きいことに気付きました。

早く新しい家に引っ越したいという気持ちもありましたけど、一度落ち着いてネットでじっくり調べてみて、
一括査定という方法があることを知ることができたのは運がよかったと思っています。

これから不動産を売却予定の方にはぜひ、大切な不動産を安く手放してしまうことのないように、
一括査定サイトを上手く利用してもらいたいですね。

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 評判の悪い企業は削除され、優良な不動産会社のみが登録されている
  • 早く・高く・失敗しないで不動産を売却したい人にぴったりなサイト

その他の体験談

よくある質問

家の仲介と買取は何が違うのですか?

家を売るときには、不動産業者に相談するのが一般的です。

その際に買い手を探してもらって売買をするのが仲介であるのに対し、買取では不動産業者に買い手になってもらいます。

仲介の場合には媒介契約を締結して家の販売活動を依頼し、買い手が見つかって初めて家を売れるのが基本です。
人気がない物件は何ヶ月も売れないままになってしまう場合もあります。

それに対して、買取の場合には不動産業者との直接取引になるのですぐに売れるのが特徴です。

人気の有無にかかわらず買い取ってくれるメリットはありますが、
不動産業者が在庫リスクを抱えることになるため、大きめのマージンを取ります。

そのため、買取の場合は仲介で家を売るよりも取引価格は低くなる傾向があり、
7割程度の価格での取引になるのが通例です。

なので、高く売りたい場合は仲介を選ぶといいでしょう。

家の買取の手順や必要期間を教えて下さい。

家の買取を依頼するときには、買取業務を行っている不動産業者に相談します。

業者によって流れには若干の違いがありますが、大まかには次の通りです。

まず、売りたい家についての基本的な情報を持って不動産業者に連絡を取り、査定を受けて価値を見積もってもらいます。

簡易査定と呼ばれる物件の基礎情報から判断して計算される大まかな査定価格を出した後、
本格的に売るのを検討したい旨を伝えると、実際に家を見て細かな状態まで確認して査定をしてもらえるのが一般的です。

この訪問査定では家の劣化具合や周辺環境なども加味し、各不動産業者が独自の方法で査定価格を計算しています。

査定価格に基づいて買取価格が算出されるので、その内容に納得したら引き渡し日と引き渡し条件を相談し、
売買契約を締結するというのが流れです。

引き渡しの当日に鍵や必要書類などを渡すと、お金を銀行口座などに振り込んでもらえます。

ここまでの手続きにかかる期間は業者によって異なりますが、相談から訪問査定の実施まで、
査定を受けてから引き渡しまでにそれぞれ数日から一週間程度、引き渡してから振り込むまでは即日から数営業日というのが通例です。

短期間での買取を実施している業者に依頼すると、査定の日程さえすぐに合えば一週間程度で家を現金化できます

高く買い取ってもらうには、リフォームやリノベーションが必要ですか?

買取価格を上げるためにリフォームやリノベーションをするのは意味がありますが、特に自分で事前に行う必要はありません。

適切な施工内容を選べば、価格は上がるのが一般的です。
しかし、施工をしてもニーズが高まらないような内容を選んでしまうと、ほとんど違いが生じないこともあります。

また、費用対効果を考えて実施する必要があり、施工にかかった費用よりも
リフォームなどを行う前後の価格差が大きくなければ意味がありません。

安全策は、不動産業者にまず相談してみることです。

リフォームなどを行わなければ売れないと不動産業者が判断すると、
家の査定を行った上で必要な施工内容を考えて費用の見積もりもしてくれます。

その施工をした上で不動産業者が販売したときに得られる利益から、
リフォームなどの費用を差し引き、マージンを考慮して買取価格を出すのが通例です。

プロの目で売れやすくて価値が上がるように施工内容を考えてくれます。

手間もかからずに費用対効果の高いものを選んでもらえるので、任せてしまうのが無難です。

買取を依頼する前に掃除をするべきでしょうか?

家の買取を依頼する前に掃除をして、きれいな状態にしておいてもあまり意味がありません

査定価格が上がることを期待して徹底的に掃除する人もいるのは確かですが、
結局は不動産業者が買い取った家を販売するときにはクリーニングを実施します。

その費用も加味して買取価格が決まるので、二重に費用をかけてしまうことになりかねません。

査定を受けるときにきれいな方が印象が良いのも事実です。
しかし、査定に来る担当者はプロなので、クリーニング後の姿を考えた上で価値を算出してくれます。

業者に依頼するとクリーニング費用がかかるような部分が目立つ場合には、見積もりの時点でクリーニング費用による差し引きが大きくなるので、内容について詳細を聞いて自分でできる掃除があれば実施した上で再度査定してもらえば問題ありません。

基本的には、査定を受けてから掃除をするかどうかを判断すれば十分です。

一括査定サイトにはどんなメリットがありますか?

買取を依頼するときに重要なのは業者間の比較です。

基本的にはどの不動産業者でも見積もりを出してもらうまでは無料で対応してくれるので、
できるだけ多くの業者に相談して買取価格を出してもらうのが良いでしょう。

一括査定サイトは、複数の業者に同時に家の基礎情報を伝えて簡易査定を行ってもらえるのが特徴です。

不動産業者に個別に連絡するよりも依頼の手間がかかりません。

数社から十数社に同時に依頼でき、簡易査定の結果通知と訪問査定の
日程相談に関する連絡を電話やメールで受け取れるのが基本的な仕組みです。

同時に申し込むと同じような時期に査定に来てもらう形になるため、
見積書を最新の状況で比較しやすいのもメリットになります。

ただし、比較する業者の数は多過ぎないようにすること大切です。
最終的に売ることに決めた業者以外は断らなければなりません。

業者によっては執拗に営業に来て、売ってもらおうとする場合もあるので注意が必要です。

ただ、イエウールではそのような悪徳業者は徹底的に排除しているので安心です。

買取価格が高ければ、その業者がベストでしょうか?

家を高く買い取ってもらうには、できるだけ買取価格の見積もりが高い業者を選ぶに越したことはありません。

しかし、引き渡しの段階になってトラブルが発生するリスクはあるので、信頼できる業者かどうかも見極めるのが大切です。

引き渡し条件に合っていない、査定後に家の状況が変わっているといった理由を付けて、
買取価格を下げてしまう業者もいないわけではありません。

相場に合っている査定価格になっているか、実績があってユーザーからの評判も良いかといった点も
加味して選ぶようにすると、大きな失敗を避けられます。